結婚式のための費用

結婚式のための費用というのは、挙式のためのお金以外にもかかるものです。

結婚の意志をお互いが固めたら、第一に婚約の印として、男性の側からは婚約指輪を、女性側からはスーツや腕時計などを送る場合が多いようです。

そして、結納金や結納返しといった費用も準備しなくてはいけません。この他、結納の式を執り行うための会場費、仲人へは結納のお礼として結納金の一割程度を払いますし、お車代や手土産代などといった費用がかかるでしょう。

挙式だけを結婚式で行うのならかかる費用は20万円程度ですが、この他の披露宴に大きなお金が必要です。

新郎・新婦に必要な衣装の費用については、お色直しを何回希望するかによって違いますが、一般的に新郎は1回、新婦は2回と言われています。衣装代にかかる平均的費用は50万~60万くらいだといわれています。

披露宴のためのお料理ですが、フレンチのフルコースを選ぶ方が多いようで、一人頭15,000円ほどのものがよく選ばれているようです。

それから、結婚式に出席のゲストの皆さんにお土産にする引き出物についても考えなくてはなりません。

結婚式という大きなイベントの思い出をしっかりと残したいからと、アマチュアによるDVDやスナップ写真の撮影ではなくプロのカメラマンに任せる人も随分増えてきています。

結婚式をどう構成するかで、必要になる費用はかなり違ってきます。我慢できる部分は削って節約を心がけようとはしますが、この後はもう味わえないかもしれない重要なイベントですので、割高な費用になってしまいがちです。予算がなくなってしまってどうにもならなくなる前に、結婚式の費用についてはお互いにきちんと相談することが肝心です。

また、忘れてはならないのがブライダルエステにかかるお金。8割以上の新婦さんが何らかのエステを受けているというデータもあります。直前1週間前から受けられるプランもありますが、やはり時間をかけてじっくり行ったほうが良いでしょう。背中の脱毛などはかなりの期間を要します。佐賀 脱毛 安いで探すとリーズナブルで通いやすい脱毛サロンがたくさん出てきます。ブライダルエステとは別に脱毛に通う新婦さんも多いようですよ。