神前結婚式

神社で結婚式を挙げる場合は神前式、神前結婚式という名前で呼んでいます。

女優の宮崎あおいさんや神田うのさんなど、芸能人たちも神前結婚式で結婚する方がいます。
伝統重視で和のスタイルのしっかりとした結婚式ができることから、神社で行う挙式が増える傾向にあります。

ちなみに、結婚式を神社で挙げると比較的少ない費用負担で済むという点でも人気を呼んでいます。
神社で行なう結婚式でかかる費用には、初穂料とされるものがあります。
初穂料というのは挙式代金の呼び名で、標準的には5万~10万円と言われています。

そして、挙式時に三管演奏といったものを依頼すればさらに3万~5万円の費用がかかりますが、神前式で求められる費用はこの2つが代表的です。
神社で挙げる結婚式というのは、お金儲けのために行っているわけではないので、結婚式場でかかる費用よりは低くなっています。

これに加えて、新郎・新婦の衣装、着付け、メイク、写真撮影といったことに費用が発生する形になります。
挙式終了後に家族や親族との食事会や披露宴としたいなら、神社では大体レストランや料亭と提携を結んでいますから、候補のところに問い合わせてみましょう。

有名な縁結びの神様である、東京都府中にある大國魂神社に申し込んでも神前結婚式を取り扱っています。
大國魂神社で用意されている御本殿挙式特別挙式プランを活用すると、40名の招待客で82万円の費用がかかります。

このプランの中には、挙式料に加えて、料理、飲み物、ケーキ、装花、写真など充実しています。
この神社を利用した場合、挙式の後は、神社内で披露宴が可能なので、都合が良いでしょう。

ちなみに、東京の神田明神、大阪の難波神社、坐間神社のように、神前結婚式が可能な神社はたくさんあり、利便性の高いパックプランを取り揃えているところも挙げられます。