海外挙式

国内に留まることなく、国外での結婚式を検討している人もどんどん増えています。
海外結婚式を行うのに人気のある地域は、ハワイ、グアム、サイパンなど南の島が代表的です。
また、オーストラリアやニュージーランドなども希望者が多いようです。

出席する親や親族が海外経験が少ないという場合には、普通に日本語を使えるところが多く存在するため、ハワイは選びやすいと言われています。
国外で催す結婚式に関しては、旅行の側面もありますので、最低でもグアムで3泊4日、ハワイで4泊6日ほど要し、日数もかかるということになります。

グアムやハワイでの結婚式を2人だけで行うとすれば、旅行代金はその季節によっては前後するものですが、約100万円の費用で行えます。
親や親族が出席して10~15人くらいで挙げる海外結婚式のケースでは、120万円は見ておきましょう。

ただし、教会やチャペルといった施設の場所や大きさ、宿泊ホテルといった、プラスしたいオプションにより費用は大きく変動しますから、式をどのように行いたいのか考慮してから詳しく教えてもらうと良いかもしれません。
ちなみに、海外挙式にかかる費用を安くしたいのであれば、チャペルではなく教会を選ぶといいようです。
チャペルは国内の結婚式場に近いところがありますが、教会は日本の神社仏閣と等しいものですので、生じる費用が異なってきます。

リーズナブルに結婚式が挙げられるため海外挙式が選ばれることもありますが、親や親族のための旅費を負担するのが誰かにより結婚式の費用が相当変わってきます。
海外結婚式の計画の際には、招待者の旅費の件も十分話し合いましょう。