結婚式の予算

結婚式を開くことになると、予算はかなりかかるでしょう。
結婚式にかかる費用の平均金額は、80人以内の招待客で300万~350万円程度発生すると言われています。
この金額を見ただけでは、結婚式をするのは無謀だと思ってしまうかもしれません。

ですが、結婚式にはご祝儀というものがあり、受け取れるお金も少なくないものです。
ですから、実質の資金は、約100万円で大丈夫だとも言われています。

ご祝儀の平均額は、友人・同僚で2~3万円、上司など目上の人では5万円、親族5~10万円と言われていますので、費用の計算をする場合に役立てると良いでしょう。
自分の蓄えとご祝儀だけではなく資金援助を親からしてもらう人も結婚するカップルの70%くらいはいるとされています。
これらのものをすべてプラスして、結婚式に際して2人が使用可能なお金を計算してください。

また、結婚式で発生する費用については挙式の前に支払わなければならないものもあるので、ご祝儀のみを当てにするのはやめておきましょう。
もし、どうしても自己資金だけでは結婚式の費用は払えないという場合には、カードによる清算や後払いでも構わないかをチェックしておきましょう。

ただ、結婚というイベントは結婚式のみで完結するわけではありません。
新婚旅行がありますし、家具や家電製品、さらには新居の準備にかかるお金もあるわけです。

ですから、結婚には様々なことが関係しますので、念頭に置いて、金銭管理を徹底するようにしましょう。
結婚式を挙げることだけのために資金を全部使ってしまわないように気配りが必要です。